So-net無料ブログ作成
検索選択

[パラリンピック]住職の井上「もう一度滑れた」骨折克服し

 バンクーバー・パラリンピック第4日の15日(日本時間16日)、アルペンスキーの男子回転立位はカナダのウィスラーで行われ、小池岳太(セントラルスポーツ)の18位が日本勢最高で、井上真司(顕正寺)は29位だった。 本職は、長野県上田市菅平高原にある「顕正寺」の住職。昨年、障害者スキーを始めるきっかけにもなった支援者の一人が亡くなった。「元気で行ってきます」と、お参りしてから日本を出発したという43歳の井上。競技者の顔が一瞬、住職に戻った。 8年前のソルトレークシティー大会に出場し、前回のトリノ大会も代表に選ばれたが、06年3月のワールドカップで腰椎(ようつい)圧迫骨折し、トリノは全試合を棒に振った。この日は29位の成績ながら、「もう一度滑ることができ、お陰様で楽しいです」と、完走した滑りに充実感をみなぎらせた。 生まれつきの障害で右腕にまひが残る。子供のころからスキーに親しんでいたが、長野パラリンピックを契機に知人から競技スキーを勧められ、今年で10年目になる。 待ちわびたパラリンピックの舞台。8年前に感じた雰囲気を思い出した。「観客の声援はもちろん、旗門員の方々も応援してくれる。国内大会やワールドカップではあり得ない」と感激を口にした。【芳賀竜也】

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。